jun.mods.jp

借金の返済はどこで相談すればいい?

   

借金が返済できなくなったとき、どこに行けば相談できるのでしょうか。
健全な契約の借金であっても、借り入れが複数になると返済が徐々に大変になります。

借金総額が分からない、過払い金などの借金に関する疑問を持っている人は、支援団体による援助を求めることができるでしょう。
ボランティアで行っているため、費用を心配する必要はありません。
民間の支援団体がどういった取り組みをしているのかが、TVでも取り上げられるようになりました。
返済者本人の強い意志が必要になりますが、借金返済の進展のために具体的なアドバイスをしてくれます。

貸金業からの悪質かつ違法な取立てに精神的なダメージを受けている場合には、警察に頼るのが最も確実な手段と言えます。
借金を順調に返済していないために取立てられるわけですが、暴力によって危害を加えることは法的に許されるものではありません。
これについて、民事不介入がありますので、警察が事情を聞かないケースもあります。

それでも、取り立ての内容によっては民事のレベルではないとみなされることが多いそうです。
ですが、金融庁が決めたガイドラインに違反していたり、貸金業規正法違反を犯している疑いがあれば、泣き寝入りする必要はありません。
ストレス過多による通院や、取立てを受けた時の暴力による負傷などに関しては、医師からの診断書が有効になります。

悪徳業者からの借金はトラブルになる危険がとても高いので、かかわらないようにしましょう。
借金を返済する方法が借金しかなくなってしまった場合には、非常に深刻な事態に陥っていると考え、早めに信用できる機関に力を借りましょう。

 - 借金返済