jun.mods.jp

収入証明の提出が必要な場合もあるので

   

景気の回復を肌で感じることができず、借金の返済が困難になっている人が年々増えてきています。
この話は、消費者金融会社からの借金に関してだけではありません。
公的ローンの中でも認知度の高い住宅ローンの返済でさえも、滞ってしまうケースが多く見られます。
契約した段階の世の中から様子が変化してきて返済プランの意味がなくなってしまったためです。
それから、数社に対し借金の返済をしている人も、「貸金業法」が改正されたことにより、かろうじて返済できていたという状況すら維持できなくなっています。
これは2010年の6月より、貸金業法の改正で「総量規制」という仕組みが組み込まれたためです。
総量規制について言えば、キャッシングができる限度額を年収の3分の1が範囲とされています。
キャッシングすることで違う業者の借金返済に回していたという人には、さらに悪い事態に陥る規制となってしまいました。
総量規制の範囲で、クレジットカードで支払う買い物や、自動車ローンや住宅ローン、銀行のカードローンについては対象外の扱いですので、自分には関係がないと思う人もいるでしょう。
とはいえ、複数の金融機関からの借金を返済中の人にとっては、この点については大抵関わりがありません。
資金の確保のためのキャッシングが利用停止になると、すぐに返済を継続させることが不可能になってしまうのです。
借り入れをするためには、収入証明の提出が必要な場合もあるので収入が無い人は借り入れが無理になりました。
不足する生活資金を補うためにキャッシングで乗り切ってきた人は、それが叶わなくなり、資金繰りが上手くいっていないようです。
借金返済が不能になり、どこにも借り入れを申し込むことができなくなり、ヤミ金業者の利用しか道が無い場合もあります。

 - 借金返済