jun.mods.jp

新規契約での借金が可能なソフトヤミ金

   

だいぶ前に、悪質貸金業者の問題となる行動としては、しつこくて厳しい取り立てと法外な利息による貸付に関してでした。

借金返済が困難になってくると、貸金業者の態度が急変し、債務者は新たに借金をして返済資金を確保する事例が数多く見受けられました。
脅迫に近い厳しい取り立てについては、処分をお願いする形で役所に対して上申できるのです。
そうすることで、業務停止や行政指導などの措置を講じてもらえます。
悪質な取立てが社会問題になったことで、悪徳な貸金業者も減ったとみなされていました。

しかし、改正貸金業法によって新たに借金をすることが不可能になった人が多くなると、それに合わせて新たなタイプのヤミ金業者が登場しました。
これは「ソフトヤミ金」とされているのですが、その名のとおり、取立てがとてもソフトなのです。
借金が複数ある人にとって、新規契約での借金が可能なソフトヤミ金はとても心強いものだったに違いありません。

返済の期限を過ぎてしまっても、はじめのうちは丁寧に対応してもらえます。
優しい対応をしつつ、内容は脅迫しているようなものです。
「このまま返済しないと契約書にある家族の勤務先に電話をかけることになりますよ」と、いかにも仕方がないかのような言い回しで、返済させようとするのです。

ソフトヤミ金はつまるところ、悪質かつ違法な貸金業者と同様なのです。
被害を受けてしまった人で、3000%を超える利率に苦しめられたということも、珍しくありません。
法律のプロに任せて整理をする場合でも、行政に上申を行なう場合でも、確実な証拠が必要不可欠です。

借金は恐ろしいものですから、借金返済の関係書類や、業者との会話を録音することによって残しておけば、不利な立場に置かれることはまずありません。

 - 借金返済